あなたのバスト垂れてない?20代から始まる「残念垂れ胸」を防ぐ簡単予防策

 

20代前半の頃、胸が垂れるなんてまだまだ先のことだと思っていた貴方。

今のバストはどうですか?ちょっと今確認してみてください。

 

「あれっ 、垂れてきてる・・?」

 

そう。バストが垂れ始めるのはなんと20代半ば!

それに気づかず放っておくと、どんどん垂れて型崩れしてしまいます。

(それと同時に背中にもたっぷりお肉が・・・)

 

垂れ胸に気づいた今始めればまだ間に合います。

今回は垂れ胸の予防策と、綺麗なバストに戻すための方法をご紹介していきます。

 

 

胸が垂れる原因は?

 

垂れ胸

 

普段の生活習慣や間違った知識が垂れ胸に繋がっていることもあります。

垂れ胸予防の為に、まずは胸が垂れてしまう原因を見ていきましょう。

  

クーパー靭帯の損傷が原因

 

バストケアに興味がある人なら一度は聞いたことがあるはずの「クーパー靭帯」。

クーパー靭帯は、バストを綺麗な丸い上向きの形に保つ役割を持っています。

そして、クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりしてしまうと元の状態に戻すことは出来ません。

まずはクーパー靭帯が伸びる原因を知って、自分に当てはまるものがあれば予防し改善していきましょう!

 

クーパー靭帯が伸びる原因

 ジョギング・縄跳びなどのバストが揺れる運動

 

ジョギングや縄跳びなどの激しい運動は、バストが大きく揺れるためクーパー靭帯に大きな負担がかかってしまいます。

バストが激しく揺れるとクーパー靭帯が伸びたり切れたりして胸が垂れる原因になるので、なるべく避けるようにするか、ホールド力の高いスポーツブラなどを必ず着用してクーパー靭帯損傷を予防するようにしましょう。

 

外出時しかブラを着けない

 

窮屈だから、リラックス出来ないからなどと言って家にいるときはブラを着けない人も多いと思いますが、それもクーパー靭帯を伸ばす原因のひとつ。

重力がかかると当然バストも下に下にと垂れていきます。

それに合わせてクーパー靭帯も伸びていき、あっという間に垂れた胸に。

※特に胸の大きい人ほど家でブラを着けないのはキケンです!

 

クーパー靭帯を守る為に、家にいるときでもナイトブラなどリラックス出来てホールド力のあるブラを着けて胸が垂れるのを予防しましょう。

 

加齢・妊娠や授乳などによるもの

 

クーパー靭帯を損傷してしまう原因として、防ぐのが難しいのが妊娠による急激なサイズアップや産後の授乳、そして加齢によるものです。

妊娠すると体が授乳に備えることでどんどん胸が大きくなり、その結果クーパー靭帯が伸びてしまったり、バストアップのスピードに追いつけずにクーパー靭帯が切れてしまったり。それが垂れ胸に繋がります。

授乳時もバストに負担がかかるので、クーパー靭帯の損傷=垂れ胸に繋がります。

 

これらは予防法が少ない上に避けては通れない部分ですが、それでも出来るケアはあるので、諦めずにチャレンジしましょう!

 

 

 日常生活での胸が垂れる原因

 

 体に合わないブラを着けている

 

毎日つけるブラのサイズが合っていないと綺麗なバストは保てません。

 

・谷間を作りたい

・小さく見せたい

・サイズが分からないからテキトーに選んでる

 

こんな理由で合わないブラを着けている人いませんか?

 

バストサイズに対して小さいカップのブラを着けていると、バストのお肉がカップに収まりきらずに下や横に流れていってしまい、サイズダウンにも繋がります。

 

また、バストサイズに対して大きいカップのブラを着けていると、歩いたり走ったりした時に胸がカップの中で揺れることでクーパー靭帯が伸びて胸が垂れてしまう原因に。

 

綺麗なバストを保ちたいなら必ずお店でサイズを測ってもらい、自分に合ったサイズをつけて垂れ胸を予防しましょう。

 

姿勢が悪い・猫背

 

姿勢が悪くいつも猫背な人、それもバストが垂れる原因です。

猫背でいると胸全体の血流が滞り、それがバストの垂れに繋がります。

また肩こりの原因にもなりますので、意識して正しい姿勢で過ごすよう心がけ、垂れ胸を予防しましょう。

 

 

胸が垂れるのを予防する方法

 

バストマッサージで垂れ胸予防

 

バストマッサージは垂れ胸の予防だけでなく、背中やお腹・二の腕などに流れてしまったお肉を正しい場所に戻してくれる効果があるのでバストアップしたい方にもぴったりな方法。

触り心地の良いふわふわなバストになるので彼にも喜ばれること間違いなしです♩

 

stylehaus.jp

 

 Twitterなどで話題なのが元鈴木さんのおっぱいマッサージ。

 

「バストがふわふわになった」

「お肉が移動したのか、二の腕が細くなった」

 

などかなりの効果があるようです。

なんと、ご自身もこのマッサージでCカップからGカップまでバストアップされているそう!!

1日15分でOKなので続けられそうですね♩

 

 

ナイトブラを着けて垂れ胸予防

 

垂れ胸を予防したいと思っている方には絶対に使って欲しいのがナイトブラ。

ナイトブラを着けないで過ごしていると、冗談抜きでどんどん胸は垂れていきます。

 

ナイトブラを使い始めて最初は少し窮屈に感じるかもしれません。

でもだんだんとバストを支えてくれる安心感の方が買っていき、たまにナイトブラを着けずにいるとその支えがないことに落ち着かなくなります。

バストへの重力を感じ、胸がどんどん垂れるような気がしてくるんです。

そこでやっと、今までどれだけバストを野放し(笑)にしていたか気づくはずです。

 

初めて使う方にオススメなのがモテフィットのナイトブラ。

今はYouTuberとしても有名な「てんちむ」さんが開発されたものです。

 

自分のサイズが分からなくても背中の部分にサイズ調整機能が付いているのでぴったりフィットしてお肉を逃さないような作りになっています。

 

また、脂肪のたまりがちな背中や脇下からお肉を引き寄せ定着させる独自構造になっていて、胸が垂れるのを予防できるだけでなくバストアップ効果も期待できます。

 

開発した本人はAカップからFカップまでバストアップしたそう。

ホームページの写真を見ると綺麗なI型の谷間で、 本物のFカップであることが分かります。

※無理矢理作った谷間はY型になります。見分け方としてどうぞ(笑)

 

26秒に一枚売れている爆発的ヒット商品ですが2019年1月現在再入荷が決定し、先行予約を受付しているようです。

これが完売したら次はいつになるか分かりませんので、早めに注文した方がいいかもしれませんね。

 

モテフィット~ふっくらバストメイクブラ~

 

 

 垂れ胸予防だけではなくバストケアも

 

胸が垂れるのを予防すると同時にぜひ始めて欲しいのがバストケア。

綺麗なバストは形だけでなく触り心地も重要ポイントです。

胸も顔と同じで、お手入れしてあげないとお肌がゴワついたりニキビなど肌トラブルが起きたり。

そのため毎日お風呂上がりにはスキンケアの後にバストケアもしてゴワつきも予防していきましょう。

 

顔に塗るのと同じく化粧水などで保湿しても良いですが、一番効果的なのはバストクリーム。

バストにとって必要な成分を厳選して配合されているので、ふっくらハリのあるすべすべバストになりたい方には必須アイテムです。

 

ピーチ・ジョン【ボムバストクリーム リッチ】

 

 

 正しいケアで垂れ胸から美胸へ

 

 胸は垂れ始めのケアが肝心。気づかずに放置しているとどんどん垂れて、あっという間におばあちゃんのおっぱいになってしまいます。

日頃からできる予防法もご紹介したので、胸が垂れてきて悩んでるという方はぜひ出来ることから試してみて下さい。

正しいケアと予防法で、綺麗なお椀型の上向バストを保てるように頑張りましょう!